追記2/6 Abyss(アビス)のプレセールですが、3/7からに延期になってしまったようです…気長に待ちましょう。

こんにちは、タキシード仮想(@tuxedo_kasou)です^^
今日は世界的に注目されているICO「Abyss(アビス)」についてシェアしたいと思います。

2月のICOに向けて私も事前登録はすでに済ませました。
ここではAbyssというものがざっくりどんなものなのか、またなぜ注目はこんなにも浴びているのか、そして事前登録の具体的な方法も画像つきで解説していきたいと思います。

Abyss (アビス)ってどんなプロジェクト?

一言で言えば、ゲームのプラットフォームで使用する通貨です。

ゲームに参加しながら報酬を得たり、ゲームを紹介することで報酬を得ることができます。
また、ゲーム内でAbyss(アビス)の取引をしたり、ゲームの購入通貨としても利用できるようになる見込みです。

一見、よくありがちなICO案件ではありますが、実はAbyss (アビス)が注目されているのには大きな理由があります。
それが…↓↓

ビタリック氏提唱のDAICOを世界初採用したのが「Abyss(アビス)」

ビタリック・ブテリン氏とは?

ビタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)はロシア・コロムナ出身の23才。
アルトコインの代表格イーサリアムを開発した若者です。

別名「未来を作る天才」。
ブロックチェーン業界の今後のキーパーソンに必ずなる人間です。

この人の発言いかんでかなり大きな影響がある人物です^^(若いのにすごい…)

計算機学者の父とビジネスアナリストの母のあいだに生まれたという環境がそうさせたのかもしれませんね。

※ヴィタリックという表記もありますが、ここではビタリックで統一します^^

DAICOとは?

DAICOとは簡単に言えば、悪質な詐欺ICOを排除する新しい試みです。
こちらを提唱したのはイーサリアムを開発したあのビタリック氏です^^;

日本では仮想通貨の第一人者として有名な泉忠志さんも言うように、もうほとんどのICO案件は詐欺です。
少なくとも最初はやる気があった、という案件もあるかもしれませんが、お金を集めたとたんに開発を断念。
…なんてことは往々にしてありますよね。

ビタリック氏はこれからの仮想通貨市場をより発展させていくためにもこうした不健全なスキャムICOをどうにか排除したいとの思いでこのDAICOを提唱しています。

具体的なことをいうと、DAICOではTAPという単位が用意されています。
資金を集めた運営側はこのTAPに従った金額しか集めた資金を引き出すことができない仕組みになっています。

タキシード仮想
つまりは集めた資金を抱えて逃げる!みたいなことをさせない仕組みですよね^^

ちなみに、このAbyssでも開発チームは4年間かけないと集めた資金を受け取ることができない仕組みになってます。
お金を受け取りたいならちゃんと開発を継続しなさいよっていうことですね。

まだまだAbyss(アビス)の今後は未知数ですが、目が離せないプロジェクトであることは間違いありません!
資金を安心して投資できる案件なので、一気に人気銘柄となる可能性も秘めています。

事前登録は突如打ち切りになる可能性もあるとのことですので、先取りしたい方はぜひ今すぐやっておいてください。

Abyss(アビス)の事前登録方法

まずは下記Abyss(アビス)事前登録ページへアクセスします。

Abyss(アビス)登録ページ https://www.theabyss.com/

すると、こちらの画面に飛びますので「REGISTER NOW」をクリック。

daico1

次にメールアドレス、パスワード、パスワード(確認)、私はロボットではありませんにチェック。
最後にプライバシーポリシーや規約に問題がなければこちらもチェックして、「CREATE AN ACCOUNT」を押しましょう^^

そうしましたら、メールが届いてますので認証を完了させます。
水色の「Yes, activate my account」をクリック。

こちらで事前登録はOKです^^