こんにちは、タキシード仮想(@tuxedo_kasou)です。

最近はちょこちょこ仮想通貨業界にとって良いニュースも増えてきました。
コインテレグラフによるとブラックロックが仮想通貨の研究グループを設立したそうです。

とても大きなことなのでシェアしておきますね!

そもそもブラックロックとは?

blackrocklogo

ブラックロックは世界最大の資産運用会社なんです。

本社はアメリカにあるんですけども、日本はもちろんヨーロッパ、オーストラリア、中近東…
いたるところに拠点を構え1万人以上もの従業員を抱える巨大企業です。

6.3兆ドルといういわば天文学的資産を運用している企業ですから…
そこが仮想通貨に興味を持っているというニュースは市場に与える影響も大きいんです。

最近は、BTCのETFの承認うんぬんの話もあったり、各国仮想通貨に対する規制やルール作りというのも急ピッチで進めてきていますよね。

その流れでとうとう機関投資家(巨額の投資をする企業や団体)が仮想通貨業界に参入してくるのでは?なんていう噂もありました。

今回のブラックロックの方針はこうした流れを裏付けるニュースですよね。

以前は仮想通貨に否定的だった

ripple2

設立者のローレンス・フィンク氏は昨年の段階では仮想通貨に否定的でした。

仮想通貨が異様な盛り上がりを見せた昨年の秋冬の段階では…

仮想通貨はマネーロンダリング(資金洗浄)に使われるものだ

と発言していたくらいなんですね。

いまだに仮想通貨への需要は大きくないと見ているようですが、少しずつ考え方に変化が出てきているのは間違いないようです。

もし機関投資家が仮想通貨に進出したら

金2

もし仮想通貨業界に機関投資家によるマネーが流れていったら…
おそらく2017年末の盛り上がりというのはホンの序の口程度になるでしょう。

ビットコインなど認知をある程度得ている通貨については、今後近い将来最高値を更新していくのではないでしょうか。

今比較的値段が安いうちに少しずつ貯ビットコインをしておきたいですね^^