ビットコインの仕組みって革命的なんです

こんにちは、タキシード仮想です。

仮想通貨の代表格といえばやはりビットコイン。
2017年には日本においてもお金として認められました。

日本は送受金が極端に発展している国ですから、海外の人たちと比べるとその必要性がまだまだ認知されていませんが、大企業や政府、グローバル化していく社会を鑑みれば、今後ビットコインがますます発展していくことはほぼ確実です^^

インターネットが「情報の瞬間移動」を可能にしたというのであれば、
ビットコインなどの仮想通貨が「お金の瞬間移動」を可能にした!

と比較されるくらい実は革命的なことなのです。

そんな革命的なビットコインを支える革命的な仕組みがブロックチェーンと呼ばれるものなのですが…
それを全く知らずにビットコインを使うというのも何だか気持ちが悪いですよね^^;

ハッシュ値とかナンス値とかトランザクションとか…
そういう専門用語はあえてナシで解説していきたいと思います!笑

私も素人ですので、完璧ではありません。
最低限のラインを理解したい方向けのお話になりますので生温かい目でご覧くださいw

ブロックチェーンは分散管理型!

ソーシャルメディア

ブロックチェーンとは、従来の中央管理型の仕組みではなく分散管理型の仕組みの1つです。

例えば、街中の銀行ATMから、私タキシード仮想が月野うさ子ちゃんに3万円を送金したとしましょう笑

そのとき、「1月6日に私がうさ子ちゃんに3万円を送金した」等という取引の履歴は、全て銀行のコンピュータ1箇所に記録されることとなります。この仕組みによって、私たちの口座情報は常に正確に記録されていきます。

この仕組みは銀行1箇所で全ての取引データを記録し管理しているので、中央管理型と呼ばれます。

一方で、分散管理型とはどういう仕組みなのでしょうか。

分散管理型のシステムでは、銀行一箇所ではなく、ユーザーおよび参加者全員で取引の履歴を管理しましょうという考え方が基本です。
すなわち「1月6日に私がうさ子ちゃんに3万円を送金した」等という取引の履歴は、世界中のユーザーに共有されることとなります。

※暗号化されているので、取引の具体的な詳細が全世界に公開される訳ではないのでご安心を。

さて、この分散型管理、どのような点が画期的なのでしょうか。

分散型管理が画期的である理由

ビットコインは、先ほども述べたようにブロックチェーンという分散管理型のシステムを採用しています。

実はコレ、セキュリティやコストの面でものすごく大きな可能性があるんです。

①みんなで監視しているから不正ができない

仮に私がビットコインを不正に得ることを企てて、1BTCもらっただけなのに、1億BTCもらったこととして情報を改ざんしたとします笑

自分の口座には1億BTCが入ってるゼー!YEAH!

改ざんをしたのですから、確かに私の口座には1億BTCが入っているというデータがあります。しかし、みんなで取引の情報を共有しているので、自分以外のみんなが管理している情報では、私の口座には1BTCしか入っていないというデータが残っています(怖

この場合、分散管理型の仕組みでは、みんなで管理しているほうの情報が採用されるため、私が企てた不正は無かったことにされます笑

②セキュリティ向上にとても効果的

銀行などの中心をつくる中央管理型の仕組みは、セキュリティ上とても脆い側面があります。

お金や情報が一同に集まっている銀行などは大きなリスクを抱えているといっても良いでしょう。当然、ハッカー集団など悪い人たちの格好の標的となってしまいがちです。

これは、仮に首都圏で地震が起きてしまった場合、東京一極集中の日本はとても危険だといわれることと同じです。
テロリストが莫大なパワーを有している原子力発電所をターゲットとすることにも似ています。

一方で分散管理型の仕組みでは、リスクが分散しているので、どこかがハッカー集団などによって機能しなくなってしまったとしてもダメージを最小限に食い止めることができます。

③あらゆる面でコストを削減できる

中央管理型の仕組みでは、先ほどもお伝えしたようにセキュリティ面で大きなリスクがあります。そのため、銀行などではセキュリティ対策に多額の費用を投じるなど、かなりのコストがかかっています。また、取引に銀行を介することで人件費などもかかってきます。

当然、それらのコストは利用する私たちにとっても手数料などの名目で降りかかってきていますから厄介なものです。

しかし、分散管理型では、セキュリティ費も人件費もサーバー費もすべて0で運用できてしまいます。
したがって、私たちはビットコインを利用すれば圧倒的な低コストでお金の取引を行うことができるようになりました。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーン

ブロックチェーンとは文字どおり、ブロックが鎖でつながっているようなイメージで問題ありません。

このブロックにはビットコインでの取引情報がある程度まとまって入っています。
そのブロックを繋げたものがブロックチェーンです。

※ルーズリーフに例えられることもままります。

そして、何度もお伝えしているように、ブロックチェーンはユーザーみんなに共有され管理されています。

ちなみに、銀行が中央にいない分、誰かが取引履歴をチェックして取りまとめてブロックに書き込まなければいけません。これを行う人を俗にマイナーといい、この行為自体をマイニングと言います。ここでは詳細は省きます。