こんにちは、タキシード仮想(@tuxedo_kasou)です。

匿名三兄弟、死す。

うーん、ある程度予想がついていたことですが、匿名三兄弟はかなり厳しい状況になりそうです。

※匿名三兄弟とは?

今日こんなニュースがリリースされました。

マネックスグループの松本大社長は日本経済新聞社の取材に応じ、16日に買収を完了する仮想通貨交換会社コインチェック(東京・渋谷)から流出した仮想通貨NEM(ネム)に関する訴訟費用を「最大でも10億~20億円と見積もっている」と明らかにした。同時に、匿名性が高い3つの仮想通貨については取り扱いをやめる考えを示した。

このとおり、コインチェックを買収したマネックスグループ社長が、匿名三兄弟の取り扱いをやめる考えを示したようです。
コインチェックは主要な国内の取引所では唯一これら匿名通貨を扱っていました。

恐らく、取り扱うと日本での取引所業務を行う上で、金融庁の正式な基準を満たせないということなんでしょう。

タキシード仮想
コインチェックは取り扱っていましたが、正式に金融庁から認められていたわけではなく、当時もあくまで“みなし業者”として、審査中の段階でした。だからこそ扱えていたという部分があるんでしょう。

匿名三兄弟とは?

匿名三兄弟とは、匿名性の高いことを特徴とする仮想通貨のことで、モネロ、ジーキャッシュ、ダッシュのことを指します。
送金履歴や送金先、送金量などを隠して取引ができるというものですね。

プライバシー保護などの観点では大きなメリットがある仮想通貨です。

ただ、容易に想像がつくかと思いますが悪いことにも使われてしまうのがこれらの通貨のデメリットです。

たとえば、マネーロンダリング
詐欺、麻薬、脱税など…脱法的な手法で得た汚いお金を洗浄するときにとても便利です。
取引が外から見えないので、幾重にも取引を繰り返して少しずつお金の出所をあいまいにできてしまいます。

最近はやりのダークウェブでの取引にももってこいの通貨です。
例えばダークウェブで覚せい剤を買おうという時も、外からは取引が確認しにくいため、購入側にとっても販売側にとってもメリットがあります。

まとめ

zcash

世界的に今後これらの通貨の扱いがどうなっていくかは分かりませんが、少なくとも一旦日本では規制される方向ということでしょう。
世界的に規制されていくこととなれば、これらの通貨の価値にも大きな影響が及んでくるでしょうから、すでに所持している方、取引を考えていらっしゃる方は、今後の行方をチェックしておかないといけないですね^^