COP23で世界的にグリーンエネルギーへの転換が決められて以降、こうした省エネやグリーンエネルギーへの関心というのはかつてないほどに高まっています。

中国なども以前は二酸化炭素ムンムンのイメージがありましたが、グリーンエネルギーの開発に大金をかけています。
日本くらいです技術があるのに火力発電所を世界に売ろうとしてるのはTT;

さてさて、こんな時代背景があるなかで今注目を集めているICO「エナジーマイン」があります。
現在プレセール中で私も購入を検討している案件です(というか応援の意味でも少し買おうと思っています。)

詳しくチェックしてみましょう!!

Energi Mineトップページ https://www.ico.blockchain-labo.jp/energimine

Energi Mine(エナジーマイン)はどんなプロジェクト?

Energi Mineはイギリスのエネルギー供給会社CEOのOmar Rahim氏が率いるプロジェクト。
まずは、動画(日本語字幕つき)でその詳しい内容をみてみましょう。

Energi Mine(エナジーマイン)というプロジェクトを一言で表現すると…

世界規模でのエネルギー需要の大幅削減

が、その大きな目的と言えるでしょう。

現状、CEOのOmar氏は、

エネルギー会社がより多くのエネルギーを出来る限りの高価格で提供することを目的に事業をしていることが問題だと考えています。

確かに…

エネルギーがより多く使われれば地球にも負担をかけてしまいますよね。
そして、私たちだってエネルギー代(電気代)を必要以上に支払っているというのはバカバカしいですよね。

Omar氏はこんな現状の問題点をEnergi Tokenで変革しようとしています。

Energi Tokenはどんなトークンなの?

では、Energi Mineが発行するEnergi Tokenとはどんなトークンなんでしょうか。

こちらもカンタンに言うと…

エネルギー節約に貢献したユーザーに報酬を与えよう

というコンセプトのトークンです。

例えば…

・公共の交通手段を利用したり
・省エネ家電を購入したり

こんな身近なことでもユーザーはEnergi Tokenを受け取ることができます^^
省エネ家電を買うだけでトークンがもらえるなら、なんか割引してもらったような感じでお得感がありますよね!

Energi Tokenにはどんな使いみちがあるの?

主に以下の3つが挙げられていました。

①売買ができ現金化することが可能
②電気自動車を充電することが可能
③電気代を支払うことが可能

現金化したりBTCに変換したり。
まずは他のトークンと同じようにお金として利用することができます。

動画では、Energi Tokenを使用したスマートな電気自動車の充電代金支払い方法なんかも示されていましたね^^
例えば会社の車を運転した際に、充電代(電気代)は一度自分が支払いをして後々会社に経費として請求、みたいなことを今はしてますよね。

※まあまだまだガソリンですけど^^;

でも車のナンバーを小型カメラが読み取って、直接会社のウォレットに接続、そこからEnergi Tokenで支払いができるなんてことも。
とってもスマートですよね~笑

他の類似プロジェクトとの違いはなに?

エネルギー業界で同じくブロックチェーン技術を用いたプロジェクトはあるものの、「エネルギー需要の世界規模での削減」を志しているものは他になく、独自性のあるICO案件と言えます。

実はこうした世界規模の省エネプロジェクトってありそうで全くないんですよね。
省エネに反対する人なんてこのご時勢あまりいませんし、個性があるので賛同が集まりそうです。

なお、他のエネルギー系の案件は、世界規模ではなく局所的なマーケットをターゲットに「P2Pのエネルギー取引」などを重視するみたいなものが主流です。

例:オーストラリアの「Power Ledger」やアメリカの「Grid+」など…

ちなみに、P2Pとは個人間でのやりとりのことを指します。
電力会社などを通さず直接個人間で電力を売買したりできるような仕組みということですね~^^

無料テレビ電話(?)のスカイプなどが通信会社などを通さずに個人間でやりとりができる仕組みと同じですね。

実現可能性や信頼性は?

もちろん未来のことは断言できませんが、信頼度の高いICO案件であることは間違いないでしょう。

まず、先のCOP23で取り決められたように、エネルギー問題について世界全体が転換期を迎えているは事実です。
こうした時代背景も後押ししてくれるでしょう。

そして、Energi Mine(エナジーマイン)のメンバーたちは、既にエネルギー業界で本拠地のイギリスおよびドイツで15年以上に渡って実績を作っています。
また、今回のプロジェクトのメンバーには、エネルギー業界のスペシャリストだけでなく、元Googleのサイバーセキュリティ専門家やNOKIA出身の技術者、イギリス議会・貴族院出身のLord Redesdale氏もおり万全の体制を整えています。

Lord Redesdale氏はエネルギー関連の法案を何度も通している方みたいですね~^^
世界規模のプロジェクトとするためにも政府関係者のバックアップがあるというのは心強いですし、信頼性が増しますよね。

ちなみに、Energi Mine(エナジーマイン)は、プロジェクトが開始してまだ1年ほどですけど既に収益も出ているみたいです。
今年1年の収益が日本円で5000万円ほど。

まだまだ小額ではありますが、実際に現段階で顧客がいて収入が生じているというのはポイントが高いですよね。

ICOのなかには結局どんな人が関わっているのかわからないものや、良いことを言ってても実績がまるでない会社もあります。
そういった意味ではエナジーマインは実績もあり、英議会・貴族院出身のLord Redesdale氏のバックアップ、GOOGLEやNOKIAなどIT大企業出身者などメンバー構成もしっかりしています。

投資はもちろん自己責任にはなりますが、一考の余地があるICOと言えそうです。

Energi Token(エナジートークン)の購入方法は?

em

Energi Tokenは現在プレセール中なので安く購入ができますよ^^
イーサリアムでの購入になるので、まずはビットフライヤーやコインチェックなどで買っておき、マイイーサウォレットに送金しておきましょう。

※マイイーサウォレットの使い方などは「マイイーサウォレット 使い方」で検索してみてください笑(いくらでも出てきます)

先日の中国や韓国などの仮想通貨規制強化に関するアナウンスでだいぶイーサリアムも落ちてますから、購入するなら絶好の機会だったりもします。
だいぶ下がってたので5口ほど購入しようと思ってます~

プレセールが1/31までなので、お早めに^^

emリンクボタン