こんにちは、タキシード仮想(@tuxedo_kasou)です。

※私のスタンスっ!なんて偉そうにすみません笑

コインチェックがあれだけの流出事件を起こしたにもかかわらず、依然として仮想通貨関連の動きは活発ですね^^

Facebookが仮想通貨関連広告を禁止に…その結果は?

直近でも、、

1/27大手家電量販店のヤマダ電機でビットコイン決済が可能に(ちなみにビックカメラでは17年の4月から使えます)
1/30大手SNSのフェイスブックが仮想通貨関連広告を禁止に→フェイスブックの株価が一時暴落
1/31大手通信アプリのLINEが仮想通貨関連事業を念頭においた新会社「LINE Financial」の設立を発表

fb1

フェイスブックについては、今は買い戻しがありますが、相場は下降線どころか「縦」に動きましたw
あれほどの巨大企業の方針ですから、ああこれはまた仮想通貨に大ダメージがあるかもとも過ぎりましたが、フェイスブックの株価が下がりました笑
このあたりに仮想通貨への人々の期待というのが現れているなと強く感じますよね^^;

いずれにしても、日々こうして話題が尽きることもなく、本当に誰もが知っているような大企業が続々と仮想通貨業界に参入してきています。
今後ますます仮想通貨が身近なものになっていくのは明らかです。

仮想通貨を取り入れないのはナンセンス…でも?

こうした現状の中、仮想通貨全般を否定するというのはやはりナンセンスだよなと感じる一方で、むやみやたらに飛びついて「良い」と言われてる草コインやICOにお金をつぎ込んで…というのもちょっとなぁと正直感じています。

まず、仮想通貨を一切取り入れないというのがいかにナンセンスであるかは、もうこちらのブログを見てくださっている方であれば十分に理解されていることと思います笑

だって、私たちの生活に深いかかわりのある大企業が取り入れようとこれだけ躍起になっているんですよ?
いずれ否応なしに私たちも対応を迫られるタイミングが来るかもしれません。

どちらかというと怖いのは、むやみやたらに「これがイイらしいよ」などとの言葉に翻弄されて飛びついてしまっている方が多いこと。
これはちょっと危険かなと個人的には感じています。もちろん自分自身も戒めるつもりで今書いています。

過去のブーム…いろいろ在りましたけれども、それが終焉してもそのあと残ったものって、

「必要性」「存在意義」これらがしっかりあったものだと思うのです

つまりは、私見では仮想通貨と一括りにいいますが…
ビットコインを軸として、イーサリアムやリップルあたりは、それぞれに存在する意味や必要性があり、世界がそれを認めているからこそ今の地位にいるなと思ってます。

これらの主要仮想通貨については、既にある程度の価格がついていますから、莫大なキャピタルゲインを得ることは難しいかもしれませんが、長期目線で考えたときに1つの有力な投資対象となるのは間違いないと思います。

また、先ほども述べたようにこれらの通貨にはそれぞれしっかりとした「必要性」「存在意義」があります。
ですから、価値がゼロになって消えてなくなる可能性というのが極めて低いように思います。

仮想通貨ブームに対する私のスタンス

いわゆる「すごい人」が良いといった案件であっても、必ずその必要性や存在意義を自分で学んでから投資する。
その仮想通貨の目指す未来に賛同するからこそ投資する。

仮想通貨で痛い目を見ないようにするためにも私はそういうスタンスで投資しています。

私は2014年から会社を設立してビジネスをやっていまして、大変僭越ながら個人の方のお金稼ぎをサポートしたりもしています。
その中で、最近仮想通貨関連もよく聞かれるようになりまして「どの通貨をもっていればいいんですか?」「このICOに参加すればいいですか?」みたいな類のご質問もよく受けます。

いや、確かに上手くいった人が持ってる通貨と同じものもってればそれでいいと思います笑

でも未来のことですから、上手くいかない可能性だって大いにあります。
そして、結果としてなけなしのお金を失ったとき、「あの人が良いって言ったから」のような理由で投資して、果たしてご自身で納得ができるのでしょうか。

ちなみに、私は先ほどから述べている主要な通貨に予算の60%ほどを使っています。

くどいようですが、確かに必要性や存在意義があると個人的にも感じられているからです。
今のこの熱狂がたとえブームであったとしても、そういうものは必ず再び復活してくると信じられるからです。
これなら仮にこけたとしても自分で納得ができますよね。

残りの予算は草コインやICOに投資していますが、より丁寧に「必要性」「存在意義」を自分が納得するまで学んでから行っているのは言うまでもないことです。

※時々完全なる余剰資金が出てきたときはテキトーに博打をすることもありますが…笑