こんにちは、タキシード仮想です。

Fountain Connect(ファウンテンコネクト)のプレセールが先日よりスタートしていますね。
怪しいICOに投資するくらいなら、こちらのほうが成功する可能性は高いと思うので、今一度どんなところが優れているかシェアしたいと思います。

もちろん未来のことは誰にも分かりませんし投資は自己責任でお願いしますね^^

Fountain Connect 日本語公式サイト https://fountain-connect.com/jp/

※ICOの概要については、こちら↓↓でもまとめてますのでご参考までに。

ファウンテンコネクトがオススメな3つの理由

fc

①2018年9月の取引所上場が決まっている

仮想通貨はプレセールの段階では、流通性や資産価値が上がりません。
取引所に上場してはじめて取引が活発化され需要が高まり、結果として価値が高まっていくのです。

多くのICO案件はプレセールの段階でお金だけ集めても、その後の上場に関する情報がない場合が多いですが、Fountain Connect(ファウンテンコネクト)については、明確に2018年9月の上場を表明しているため、私たちにとっては1つのプラス材料になります。

②プロダクトについて技術的なハードルがない

Fountain Connect(ファウンテンコネクト)は、透明性や確実性のある寄付活動プラットフォームを作り、世界中の助け合いを促進していきたい…!そんな願いをもったプロジェクトですが、肝心のプラットフォームが絵に描いた餅となってしまっては元も子もありません。

※ちなみに仮想通貨で取引することで銀行手数料分まで寄付に回せるというのも面白い視点です^^

カンタンに言えば、言ってることがちゃんと実現できるのか?ココも大切なポイントです。

その点、Fountain Connect(ファウンテンコネクト)は、中核を担う「レイラ」というプラットフォームを作り上げていく上で、技術的なハードルがあまりありません。

アイデアは画期的ですが、仕組みは確かにそこまで小難しくはなさそうですし、こういうプラットフォームは作れそうですよね^^

レイラを使った寄付活動の流れ
①企画者がプロジェクトをLaylaへ申請
②プロジェクトの寄付募集期間の開始
③支援者はアカウントを作成後、トークンを購入しエスクローウォレットへ転送
④募集希望額の80%でプロジェクト開始の決定。80%未満は支援者のウォレットへ返却
⑤プロジェクトの開始
⑥Ioがプロジェクトの進行度をチェック
⑦プロジェクト期間中に継続の賛否を支援者が投票システム(8章-1記述)を使い判断
⑧プロジェクト完了後に評価投票を行い、評価ポイント(8章-2記述)を支援者に付与

③その価値が向上しやすいトークン設計

価値が向上しやすいかどうか、というのは実際のところ分かりませんが、Fountain Connectの公式はそのように謳っています。

まあこれがよく考えてみると、あながち的外れでもないんですよね。

事実として、インターネットのインフラが整った21世紀以降、寄付活動は非常に活発化しました。
寄付大国であるアメリカにおいては、統計にない寄付活動もありますから、あくまで参考程度になりますが、その寄付額は従来の5万倍にもなったそうです。

つまり、寄付活動の「気軽さ」「カンタンさ」こういうものがネットの登場によって実現しただけで、これだけハネたんです。

Fountain Connectでは、トークンを使うことで、手数料や手続きなどあらゆる面でこの寄付活動に対する「気軽さ」や「カンタンさ」に更に磨きをかけます。

さらに、寄付活動の妨げとなっている「透明性の無さ」や「確実性の無さ」も改善しようとしています。

確かに、より気軽で便利になり、そのうえ透明性や確実性まで担保されていれば、一気に寄付活動が活発化する可能性やFountain Connectに新規団体だけでなく既存の団体もなだれこんでいく可能性というのは大いにあります。

中央集権的な社会から民主的でオープンな社会へ進もうとする現代において、時代の流れからしてもグングン伸びていく可能性を秘めているプロジェクトであることは間違いなさそうです。

…そうなると確かに価値が向上しやすいトークン設計がなされているといってもいいかもしれません。

fcリンクボタン

私タキシード仮想の思うこと

tuxedo_kasou

・取引所に上場するのか
・プロダクトやプロジェクトが実現可能なのか
・その仮想通貨を実際に利用してくれるクライアントがいるのかどうか

このあたりは数あるICO案件を見極めるうえで大切なポイントになると思います。
その点、9月上場が決まり、プロダクトの実現性も高く、既に多くのNGO、NPO、慈善団体と提携しているファウンテンコネクトはそれなりに有望ICOかもしれません。

ファウンテンコネクトを立ち上げた運営会社CEOのHasan Yilmazは、これまでにコンゴやウガンダといったアフリカの発展途上国において支援活動を行ってきた方です。

いろいろ寄付の実態とかも見てきてるんでしょうね…。

もし私が大金を寄付するのであれば、確かに今の団体では不安です。
日本でも寄付活動の大使をされているタレントさんの家がやけに豪華だったりしてますもんね~笑
※それは憶測にすぎませんがww

透明性や確実性の担保された寄付活動プラットフォーム、というのは実現できれば流行しそうです。