5/1からICOが始まるGeAR。

もうまもなく開始ということになりますし、仮想通貨取引の40%を占めるという日本市場でも力を入れてマーケティングしていますね。

gearlogo

AR(拡張現実)を用いたアプリやサービスの開発において、仲間集めからマーケティング、制作、販売にいたるまでクリエイターをサポートするようなプラットフォームです。

タキシード仮想
当然、ARは今ホットな伸びる市場だけにライバルも多くなりますが、時代の波には乗っているプロジェクトですね。

詳しい特徴は下記にまとめていますので、ご覧いただけたらと思います。

さてさて、そんなGeARですが…

4/17からICOに先立って無料登録をしてくださった方にエアドロップを実施中です。

5/1からのICOに参加される方はどっちみち必ず登録は必要なので、エアドロップももらっておきましょう。
ICOには参加するつもりはないけど、エアドロップだけという方ももちろん必見です。

今回もらえる5GeARというのは今の段階では500円程度のものですけれども、10月の上場後、上昇する可能性も含んでいます。

美太郎
もちろん価値が0になる可能性もあるにゃん。

いずれにしても…

×テレグラムへの参加
×ツイッターなどでの拡散
×細かな本人確認情報の記入

などは一切不要で参加できます^^

メールアドレスとお名前、希望のパスワードを入力するだけでOKです。
メールアドレスもYahooメールでもGmailでも構いませんので気軽に参加できます。

geardrop1

現在、エアドロップで配布予定額の85%以上の枠が埋まってしまっています。
参加は1分あればできますので、せっかくなのでもらっておいてくださいね。

geabotan

こちらの公式サイト上部の「AIR DROP」箇所から参加いただけます!
一応念のため画像での解説もしていますので、こちらも参考にどうぞ。

ちなみに、ICO直前にGeARがこうしたエアドロップを行うには意味があります。
結局はARゲーム制作の“プラットフォーム”ですから、とにもかくにも認知度を上げて人を集めることが何より肝要です。

わかりやすく言えば、SNSだって同じですよね。
あのような交流プラットフォームはいくら内容が優れていたとしても人が集まっていないと話になりません。
ツイッター、インスタグラム、フェイスブック…。

実際にはこうしたものより優れた機能を持つ影のSNSがあるかもしれません。
ただ、人が人を呼ぶという特徴のあるプラットフォーム業界では、とにかく人を集めることが成功のキーファクターになるのです。

機能の充実、広告のリリースなどはもちろんのこと、人を集めるためのマーケティングの一環として、GeARは今回のエアドロップに踏み切ったそうです。

エアドロップ全般に言えることですが、そんな手間がかかるもので無ければ、貰っておいて得することはあっても損することはありません。

残り僅かとなっていますから、早速もらっておきましょう。