こんにちは、タキシード仮想です。

仮想通貨を勉強しはじめると、早かれ遅かれハードフォークってなに?
そんな疑問にぶつかるんじゃないかと思います。

そして、ハードフォークについてはなんとなく意味が分かったけど、それが私にとって何の意味があるんだろう。
そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。

ここではハードフォークのメリットとデメリット、それに加えてなんでハードフォークが仮想通貨への投資を考えている人に重要なのかカンタンに解説していきたいと思います。

ハードフォークってなんなの?

ハードフォークとは仮想通貨の分裂・分岐のことです。

フォークとは、ご飯を食べるときによく使うスプーンとフォークを思い出していただければ分かるとおり、「分岐」という意味です。

実際に、ハードフォークが行われると下記のようにブロックチェーンが分岐します。

ハードフォーク

なぜハードフォークをやっちゃうの?

ハードフォークを行う理由には、様々なものがあります。
ここでは2つのパターンをシェアしていきますが、基本的には仮想通貨のアップデートだと思ってもらってもいいかもしれません。

仮想通貨のアップデートのため

これは「スケーラビリティ問題の解決」と呼ばれるものが主ですが、カンタンに言えば通貨の取引量が増えるにつれて取引の遅延や手数料の高騰といった問題が発生してしまいます。

これはブロックチェーン技術の構造上の問題で致し方ない部分もあるのですが、それを解決するためにハードフォークが行われます。

ビットコインから分裂したビットコインキャッシュなどが具体例としてはよく出されます。
ビットコインキャッシュはスケーラビリティ問題の解決策として、取引情報を記載するブロック容量拡大を目指し分裂することになりました。

ハッキングを無効化するため

ご存知の方も多いと思いますが、以前DAO事件という大きなアクシデントがありました。
カンタンに言えば、イーサリアムから派生した「THE DAO」というプロジェクトで何と3,600,000EHT(イーサリアム)という大金が盗まれてしまったのです…。

そのため旧来のイーサリアムを無効化しハッキングを無かったことにするためにハードフォークが実施されました。その結果、イーサリアムとイーサリアムクラシックに分裂することになりました。

で、そのハードフォークは僕らに何のメリットがあんの?

分裂した仮想通貨が付与してもらえるかも

先日のビットコインダイヤモンドの際もそうでしたが、ハードフォークが行われる直前にどこかの取引所に該当の通貨を預けていると、新たに出来た仮想通貨が付与してもらえます。

基本的に大元となる通貨のほうが価値が高いので、資産が倍になる訳ではないですけど、感覚としてはハピハピな気分です♪(30代男性)

バイナンス(binance)という取引所は先日のハードフォークの際に、ビットコインダイヤモンドを世界最速で付与したことで、一躍名を上げ、今登録が殺到しています。ちなみに30秒で開設可能です笑

Binace(バイナンス)の特徴や口座開設方法が気になる方は↓

取引もしやすく値もつきやすい

ハードフォークによって誕生した通貨は、ほかの草コインとは一線を画します。
はじめから需要がありますし、分裂前の通貨を扱っている取引所でそのまま取り扱うことが多いので、使いやすいですし、値もつきやすい傾向にあります。

旧来の通貨より良くなっている

そもそも多くの場合は、旧来の通貨のアップデートが目的でハードフォークは行われます。
ですから、ハードフォークが結果として上手くいけば、より良い向上したものが生まれているはずです。

ハードフォークの注意点

該当通貨の取引が一時停止してしまう

バグの発生などの危険性があるため、ハードフォークの直前直後は売買や送金受金ができなくなります。
予め対処しておきましょう。

相場が乱高下する

ハードフォークによる混乱を恐れて一時的に、法定通貨やほかの主要仮想通貨へ退避が原因で大きく相場が下がったり、逆にそのタイミングをチャンスと見て買いが殺到したり…いずれにせよ相場が大きく動く可能性があります。
こまめな相場のチェックが必要です。

結局、われわれはどうしたらいいの?

ハードフォークが噂されている通貨で、自分が今後伸びそうだと判断するならば、そちらを持っておくのがいいでしょう。

できればバイナンス(Binance)のような、付与がスピーディな取引所に置いておけるとスムーズで安心です。
もちろんリスクもありますが、ちょっとしたビジネスチャンスでもあるので、ハードフォークに関する情報には耳を澄ませておきましょう。

ちなみに、ハードフォークについては、ガセが流れたり、途中で予定が変更することなどはよくあります。
基本的には公式など信頼できる情報源をトレースしていくのがいいでしょう。