2018年の前半はなかなか苦しい状態だった仮想通貨業界。
最近は少しずつですが上向きつつありますね。

ここ数日での大きなニュースは主に以下の2つです!

マウントゴックス民事再生計画の変更へ!

qr2

マウントゴックスは8/1付けで民事再生計画の変更をしたようです。
これ当初は現金で返しますよという感じでしたよね。

それだと、マウントゴックスが持っている大量のBTCを市場で現金化して返すことになるので、相場が下がってしまうワケです。

俗に管財人の名前をとって「小林売り」、または「GOX売り」などと呼ばれてましたよね。

これが、今回BTCで債権者に振り込む方針ということになったので、現金化のためにBTCを売る必要性がなくなったのです。

これはBTC市場にとって好材料ですよね!

インターコンチネンタル取引所が参入へ!

ripple2

インターコチンチネンタル取引所は、ニューヨーク証券取引所を参加に持つ米国の大手取引所。

そんなインターコンチネンタル取引所が…

BTCの先物を11月にローンチ。

そして、マイクロソフトやスターバックスなどといった錚々たる企業とともに…
「Bakkt(バックト)」という新たな仮想通貨プラットフォームを構築することをリリースしました。

仮想通貨の普及がグっと進む革新的な出来事になりそうです。

まとめ

2018年も早いもので後5ヶ月…。
本当にあっという間でしたよね!

仮想通貨業界の2018年は規制やルール作りの年でした。
短期的にはマイナスことが色々ありましたけども、ここにきて少し良い流れになってきましたね。

期待を持って眺めていきましょう^^