ICO(イニシャルコインオファリング)ってなんなの?

tuxedo_kasou

こんにちは、タキシード仮想です。

ICOは仮想通貨を用いてお金を稼いでいく上でとても大切なワードです。

まだまだ問題点が多いのも事実ですが、成功すれば今からビットコインに投資するよりもより大きな利益を得ることができるものなのです。

また、その特性上、単にお金稼ぎということだけでなく純粋な社会貢献ともなりますので、イチ地球人として知っておいて損はないものです。

早速ですが、ICOとは何なのか。

一言で言えば…

ICO=仮想通貨を利用した新たな資金調達手段

ということになるでしょう。

仕組みはシンプルです。

企業が独自に発行した仮想通貨(トークン)を投資家に購入してもらうことにより資金調達するというもの。

従来の新規株式公開(IPO)と仕組みは似ていますが、株式ではなく仮想通貨を利用することで企業そして投資家ともに大きなメリットがあります。

投資家がICOで企業を支援する3つのメリット

仮想通貨

①個人で小額から世界中のICOに参加できる

企業への投資というと資金面でも制度面でも知識面でもこれまで様々なハードルがありました。
しかし、仮想通貨を利用することで、ネット環境さえ整っていれば、世界中の誰でも気軽に自身が応援したいと思ったプロジェクトに投資ができるようになりました。

本当に小額から個人で、夢を購入できるのがICOなのです。

②投資した企業が仮に成功すると多額のキャピタルゲインが得られる

基本的に草創期の企業に投資をするわけですから、資金と引き換えに得たトークンの価値というのは当初は低いものです。

しかし、その企業が成長し大きくなり価値が高まるにつれて、購入したトークンの価値も高まります。
それを売却してしまえば…結果として多額のキャピタルゲインを得られるチャンスがあるのです。

③場合によっては特典をもらえることがある

投資してくれた見返りとして特典が用意されている場合があります。
たとえば、投資したサービスを割安で受けられたり…そんなメリットもあります。

資金調達をしたい企業がICOを行う3つのメリット

①資金が調達しやすい

小さなベンチャー企業が資金を調達しようとなると、なかなかハードルが高いものです。

信用力が低ければ銀行などの金融機関は貸し渋りをするでしょうし、直近の決算や今後の事業計画だって開示していかなくてはなりません。

また、新規株式公開(IPO)での資金調達であっても、証券会社の協力が必要であり、企業と投資家のあいだだけで完結するワケではありません。

しかし、ICOであれば、こうした厳密な事業価値に対するチェックを受けずに、世界中の個人や企業を相手に直接資金調達ができるので、短期間で多額の資金を調達しやすいのです。

国内ではまだまだ少ないですが、数分で1億円調達したベンチャー企業もありますよ!(渋谷区のALIS株式会社など)

②株式のように配当を出したりする必要がない

投資家が株式を購入した場合は、企業は配当などを支払う必要があります。
しかし、ICOで資金調達した場合は必ずしもその必要はありません。

③最初の段階で多額の資金を用意する必要がない

これは文字そのままです(笑)
つまるところ、企業側は夢を語り、出資希望額やプロジェクトの期限など細かなところを決定し、あらゆる手段でファンを増やすことさえできれば、資金がなくても、実績がなくても、社会的な信用がなくても、数分で億単位のお金を調達することができてしまうのです。

ICOのデメリット

ここまでICOの素晴らしさ、メリット、有用性についてシェアしてきましたが、当然、裏側もあります(笑)

ICOは企業と投資家が直接資金やトークンをやりとりできることが魅力のひとつでした。
これは双方に様々な面でメリットがありますが、第三者機関による企業へのチェック機能が作用しないため、企業の語るプロジェクトや夢の信憑性、実現性、安定性などが分かりづらいという欠点があります。

「本当に大丈夫なの!?」という一番大切な部分が曖昧なんですね(笑)

さらに、ICOによる資金調達はまだまだ発展途上の新しい手法であるため、法の整備も追いついていません。
従って、投資家が詐欺被害にあうケースも実際に発生しています。

とはいえ、ICOはただ単にお金稼ぎをするということだけでなく、投資を通じて個人が簡単に社会貢献できる仕組みとして大きな可能性も秘めていますので、今後ますます発展していくことでしょう。