こんにちは、タキシード仮想(@tuxedo_kasou)です^^

昨日は朝っぱらからバイナンスのハッキング被害疑惑があって、金融庁のリリースもあって…
なかなか仮想通貨業界にとってはヘビーな1日でしたよね。

タキシード仮想
バイナンスについては一部ユーザーがフィッシング詐欺にひっかかってしまっただけだったとのこと。

3/8金融庁による処分がリリース…

以下、金融庁のリリースですが、

金融庁は3月8日、顧客の資金管理やセキュリティ体制などが不十分な仮想通貨交換事業者7社に対して、一斉に行政処分すると発表した。ビットステーション(名古屋市)とFSHO(横浜市)には1カ月間の業務停止命令を出したほか、GMOコイン(東京都渋谷区)、テックビューロ(大阪市)、バイクリメンツ(東京都港区)、ミスターエクスチェンジ(福岡市)には業務改善命令を出した。コインチェック(渋谷区)にも2度目の業務改善命令を出している。(毎日新聞より)

ここで驚きだったのは、テックビューロ(Zaif)に業務改善命令が出たことですよね。

美太郎
ビットステーションは廃業を決めたにゃん。顧客資金を流用するような小規模の取引所では再起は難しいにゃ。

Zaifは手数料が安く(というか取引すると少しユーザーが儲かる)、モナコインなどの取り扱いがあるのもあってユーザーにはそれ相応のメリットがある人気取引所です。
私もZaifの口座は持っています。

ただ、サーバーが時々ダウンしたり、預けていた資金がなくなってしまったなどの問題もチラホラ聞いてはいました。
また、それら諸問題に対する問い合わせに、1ヶ月以上も返事がないなんていうことも。

今回もそのあたりが金融庁に突かれたポイントみたいですね。

「Zaif」を運営するテックビューロについては、「システム障害や、不正出金事案・不正取引事案など多くの問題が発生しているが、経営陣は、その根本原因分析が不十分であり、適切な再発防止策を講じておらず、顧客への情報開示についても不適切」と指摘。リスク管理体制の構築や、顧客対応の改善などを命じた。(毎日新聞より)

3/8発表から見える安全な国内取引所とは?

1月のコインチェックのNEM巨額不正出金事件もあって、今回金融庁が念入りに調査した結果、こうした発表があったワケですけども、やっぱりビットフライヤーはクリーンでしたね。
動きが遅く、お固い印象のあるビットフライヤーですが、やはり安心感という面では確実に開設しておきたい取引所と言えそうです。

bitbank

また、大手ではビットバンクもクリーンでしたね。
こちらは現状ビットフライヤーでは取り扱いのないリップル(XRP)も取り揃えていますし、全ペア取引手数料無料というまた違った特徴を持っていますのでこれを機会に持っておくのはいいですね。