こんにちは、タキシード仮想(@tuxedo_kasou)です。

ハッカー集団はどこまで優秀なんでしょうか…
いたちごっこのように新手の詐欺やマルウエアが登場していますよね!

今回、みなさんにシェアするのは…
ひとことでいえばだいぶヤバイです。

今後被害が増えていく可能性があるということですので、予め紹介しておきますね^^

送金先アドレスのコピペが命取り?

cryptosteal

みなさんは、取引所や他のウォレットに仮想通貨を送金するとき、どうしてますか?笑

うさ子
どうしてますか?ってそりゃあ送金先アドレスをコピーして貼り付けて送ってますよ!

実はそれが命取り…。

新しいマルウェアは、Windowsのクリップボードを乗っ取り、送金先アドレスを書き換えるというのです。

タキシード仮想
クリップボードとは、コピーした文章などを一時的に保管する場所。コピーしてもペーストするときに忘れちゃってたら問題ですからね!笑

これが非常に巧妙にできてるようで、送金先のアドレスの文字列がまるっきり変わっていたら気がつく人は気がつきますよね?
でも、アドレスの先頭部分は本来の正しいアドレスと一緒になるようにプログラムされているんです。

これだと…ちょっとさすがに気がつけないですよね。

コピペしたアドレスが実はハッカー集団のものになっていて、しかもアドレスの先頭部分は正しいものと同じ…。

怖すぎですね!笑

最新の仮想通貨マルウェア対策法

1.ウイルス対策を最新にアップデート

ウイルス

複数のアンチウイルスエンジンが、このマルウェアを危険なものとして既に認識しているようです。
ですからパソコンのセキュリティ対策など最新にアップロードしていればリスクに晒される可能性は軽減できます。

2.文字列を1つ1つ確認する

少額の送金であれば、わざわざそんなことまでやっていられないですけども、ある程度まとまった金額を送るときは…
文字列を1字1字しっかりと確認するのが原始的ではありますが、一番確実でしょう。

まとめ

1

これは…本当に恐ろしいですね。
今後は取引所のウォレットアドレスなどが予め書き換えられて表示されるようなものも出てきてしまうのでしょうか笑
そうなったら我々一般人にはお手上げですよね!笑

少なくとも今できる対策というのは、それぞれ行っていきましょうね!

参照記事:https://goo.gl/7w3vzu