こんにちは、タキシード仮想(@tuxedo_kasou)です。

今年は仮想通貨にとっては膿の出し時になっていますね!
いろいろ仮想通貨の問題点というのが浮き彫りになってきています。

これも業界の健全化のために致し方ないかなと思いますけども。

さて、そんな中でもう暫くトレードやICOはいいや…となっている方もいると思います。
今回はエアドロップなどとは全然違うんですけど、

預けるだけで仮想通貨がもらえる

そんなNEONウォレットを紹介したいと思います。

NEONウォレットとは?

このNEONウォレットは、日本ではWowbit(Wowoo)の保管先としてよく知られていますよね。
時価総額でも上位にランクインするNEO系の通貨が保管できるウォレットの1つです。

NEOを預けると?

gas1

NEONウォレットにNEOを預けると、GASという仮想通貨が貰えます。
GASは時価総額10位付近の有名通貨・NEOのプラットフォームを動かすために必要な通貨です。

NEOは中国版イーサリアムとも呼ばれ、今後の躍進に更なる期待がかかる通貨です。
それゆえにGASもNEOが今後伸びていけばより大きな価値を持つ通貨であると言えます。

GASはBinanceなど非常に大きく有名な取引所でも取り扱われていますから、貰えるなら価値がある通貨と言えそうです。

なんでGASが貰えるの?

本題にお答えする前に…

PoWとかPoSとかマイニングとか聞いたことがあるでしょうか。

仮想通貨には法定通貨(円など)と違って中央で取引を管理してくれる人がいないですよね。
法定通貨なら銀行などがお金のやり取りを記録してくれていますけども。

ですから、誰かがその仕事をしてあげなくてはいけないワケです。
そして「その仕事をする権利を持つ人をどうやって決めるのか」というのがこのPoWだったりPoSだったりします。

PoWというのはProof of Workの略。
カンタンに言えば、たくさん働いた人に仕事を与えて報酬を受け取る権利を授けますよという仕組みです。
高性能PCを働かせて複雑な暗号を解いた人に権利が与えられます。

ビットコインとかはまさにこの仕組みを採用していますよね。
高性能PCが大量に必要ですから個人では今はとてもじゃないですが太刀打ちできなくなってます。

タキシード仮想
ちなみに、私は中国の青海省のマイニングファームに参加する形で報酬を得ています。

一方でPoSというのはProof of Stateの略。
カンタンに言えば、その仮想通貨を持っている人に、取引を記録して報酬を受け取る権利を授けますよという仕組みです。

NEOについてはこちらのグループなんですね。
もちろん持っている枚数に応じて報酬は変わってきますけども、PoWと違って個人でも参加しやすいですよね。
高性能のパソコンを何台も動かさなくても、通貨を持っていれば参加の権利が得られるのですから。

どのくらい貰えるの?

gaslogo

年利5%くらいです。
100万円分のNEOを預けたら、1年で5万円分のGASがもらえるっていうことですね。

小額に見えるかもしれませんが、預けるだけ…
つまり何もせずに得られる不労収入ですからかなり貴重です。

いかがでしたでしょうか。

ちなみに、元となるNEOはかなり著名な通貨ですので海外の取引所であればどこでも購入できます。
取引量の多さや現状の安全性などを踏まえるとBinanceなどでの購入が無難でしょうね!
なんせ現状では世界No.1の取引所ですから。

ICO参加や毎日のトレードに疲れたら、いったんこうした長期目線のお金の増やし方にもチャレンジしてみてくださいね^^