こんにちは、タキシード仮想です。

最初に質問ですが、
あなたは仮想通貨を取引所に置いたままにしていませんか。

ドキッ(笑

実は、セキュリティを考えた時、それはあまりよろしくないんです。
じゃあどうすればいいのか?今日は私のオススメする仮想通貨の管理方法をシェアしたいなと思います。
自分の仮想通貨を守ること、保管方法のこと…これまであまり考えてなかった!という方はぜひご一読いただけたらと思います。

最も安全な仮想通貨の保管方法は?

仮想通貨は、普通のお金と同じようにウォレット(お財布)を作って管理していきます。
実はこのウォレットにはいくつか種類があり、それぞれメリットとデメリットがあります。

結論からいえば、仮想通貨を守るということを主眼に置いた場合は…
ハードウェアウォレットという物理的な端末で管理するのが現段階では最も安全です。

あなたの大切な仮想通貨が誰かに盗まれてしまう原因というのは、基本的に「秘密鍵」の流出が原因です。
この秘密鍵とは、やや乱暴ですが、銀行ATMで送金をする際に使う「暗証番号」のようなものです。

え?
これまで取引所からいろいろと仮想通貨を送金してきたけど、そんな秘密鍵なんて知らないよ!
という方も多いかもしれません。

実は、コレあなたの大切な秘密鍵をその取引所が管理しているということなんです。
ですから、取引所が悪い人たちにハッキングでもされてしまえば、あなたの大事な仮想通貨は丸ごと持ってかれてしまう可能性もあります(怖

実際に、取引所から仮想通貨が盗まれた例はこのとおり枚挙に暇がありません。
まあ大丈夫でしょ!その油断が命取りになることもあるのです。

財布にお金がナイ

その点、ハードウェアウォレットでは、その大切な秘密鍵をハード内に自分で管理しておけます。
通常はオフラインでの管理となりますので、ハッキングなどによるリスクはだいぶ軽減できます。

また、送金の際に必須となるのは実は秘密鍵ではなく、秘密鍵による電子署名です。
ハードウェアウォレットは、送金の際、パソコンからの署名の求めに対して、秘密鍵をパソコンに差し出すのではなく、署名だけを返します。

つまり、秘密鍵を外に晒さないのです。

オフラインでの管理ということであれば、スマホやパソコンのデスクトップ上で管理できるウォレットもあります。
先ほども述べたとおり、取引所に置いたままにしてオンラインで管理するよりは安全性は高いでしょう。

しかし、スマホやパソコン自体がウィルスに感染したり、ハッキング被害に遭う可能性というのは消えないままです。

それらを総合すると、やはり現状ハードウェアウォレットが最も安全といえます。

人気のハードウェアウォレットはTrezor、LedgerNanoS、Cool Walletなどでしょう。
こちらはアマゾンなどでも手軽に手に入れることができます。

ちなみにハードによって対応している仮想通貨とそうでない仮想通貨があったりしますので、その点は注意して選ぶようにしてください。

私の仮想通貨管理方法

最後に私自身がどのように管理しているかということについても、まとめがてらシェアしたいと思います。

ズバリ、大部分の仮想通貨をハードウェアウォレットで保管。
普段使いや頻繁な取引に使う一部の仮想通貨は、スマホにウォレットを作って管理しています。

つまり、これは仮に盗まれたりして失うことがあったら、すんごく辛い。。笑
そんな量の仮想通貨はきっちりハードウォレットで管理して、最悪何かトラブルにあっても諦められる普段使いの仮想通貨は、より使い勝手がよいのでスマホにウォレットを作って管理するようにしています。

私のオススメのスマホウォレット

①GreenAddredss(グリーンアドレス)
②breadwallet(ブレッドウォレット)
③Copay(クーペイ)

このあたりが定番なのかな思います^^