こんにちは、タキシード仮想(@tuxedo_kasou)です。

WCXはどうやらかなり雲行きが怪しいようですね^^;
信頼する筋も恐らく詐欺ICO、いわゆるスキャムだと判断しておりました。

私たちはそこから何を学ぶべきなのでしょうか。
WCXがほぼ詐欺だと判断したポイントとともにシェアします。

そもそもWCXとは?

wcx1

WCXは香港に拠点を置いている仮想通貨取引所です。
顧客資産の安全性や世界最大級の取引所およびサーバーが強いことなどを特徴として謳っていました。

それに加えて、投資家にとって一番の魅力になったのが「配当」の存在です。
取引の交換手数料などの収益の一部をWCXトークンの保持者に対して分配するという話でした。

多くの方が紹介していたこともあり、面白いと思って購入された方も多いのではないかと思います。

美太郎
う~ん。確かに魅力的な案件にゃん…。 

怪しい!WCXが詐欺すぎる数々の所業

▼噂の自動延期されるカウントダウンがこちらw
wcx2

①相次ぐ延期と謎のICOボーナス

当初は2017年の10月10日に取引所を開設すると謳っていたようです。
その日には、実態のないベータ版(仮)の取引所だけ開設し、もろもろの理由をつけて11月に正式リリースを延期するとアナウンスされました。

モブキャラ
ここまでなら「開発が遅れちゃってるんだなー」くらいで済む話ですよね。問題はここからの対応です。 

その後、11月の取引所開設の話はガン無視して、ICOを実施。
また、そのICOでは以前に行われたプレセールと同様の条件で「3日間に限り」ボーナスをつけると表明。
しかし、その後2018年になってもずっとボーナスは続けられている模様…。

タキシード仮想
こんな雑な運営はしっかりした会社ならナイですよね。 

②無断で延期されるカウントダウン

その後、新年に入り2018年の1月1日には2月17日に取引所の正式リリースが決まった旨をツイッターで告知。

しかし、2月17日の直前で、正式リリースまでの「カウントダウン」が2月25日に自動延長されていたとの報告がいろんなブログで見られます。

美太郎
告知まったく無しでカウントダウンの秒数が増えた???コレは擁護できにゃい…

③問い合わせに対する返答が一切ない

これはタイトルのとおりなのですが、これだけ延期や無断での変更を繰り返してきているワケですから投資家からも問い合わせが相次いでいます。
しかし、それらに対する返答はナシ。
サービス大国日本で生まれ育ったからなのか…ちょっと受け入れられない運営の態度です。

他にも、

・投資したとしても予告なくアカウントを閉鎖する、と脅し?のような文句が書かれている

・通常早い段階で購入したほうがボーナスなどのメリットはつくはずなのに、後に購入した方のほうがメリットが大きくなっている
・招待報酬として500円分のトークン付与としていたが、そのURLを一方的に無効としている

などなど…「こんなのアリ!?」という状態が続いているのがWCXの現在です。

うさ子
全員のアカウントを突然閉鎖して、音信不通になる日も近そうです…。 

WCX事件?から学ぶべきこと

アフィリエイターに責任転嫁する方はICOやっちゃダメ!笑

よく「詐欺的なICOを紹介するアフィリエイターがいる」などと著名人が断罪しているのを見かけます。
WCXを紹介されていたアフィリエイターさんもそれに含まれるのかもしれません。

アフィリエイターに激怒している方もチラホラ…。

しかし、私は「詐欺的なICOを紹介するアフィリエイター、別にいいじゃないか」と思っています笑

もちろん、私もアフィリエイトをすることがありますけど、基本的に自分が良さそうだなと思ったものや、実際に購入したものをシェアするようにしています。
それと違うものであれば、怪しいなと思ったポイントなども併せてお伝えし、判断をみなさんにしていただくようにします。

しかし、実際のところそのICOが上手くいくかなんて「多少確率が高いかな」程度で著名人の方も含めて誰にも分からないのです。
逆に言えば、悪いアフィリエイターが「詐欺っぽそうだけど人気があるから紹介しちゃえ!」なんていう思いでシェアしていた案件が後々ぐ~んと跳ねることだってあるのです。

うさ子
アフィリエイトがあったかは分からないケド、ADAコインなんかは詐欺って言われていた案件だったよね。年収1億円の私の師匠も「最初は詐欺だと思ってパスしちゃった」と苦笑いで語ってましたよ…。 

それに、そもそもでいろいろな情報を見て最終的な判断を下すのは自分自身です。
アフィリエイターに責任転嫁をするのはお門違いだと思います。

私自身はむしろ「自分の代わりに色々調べてくれてありがとう」という気持ちで、思いっきりURLを踏んで購入しています。
結果としてダメだったとしても、それは自分の責任ですし、そこから何かを学ぶチャンスをアフィリエイターが与えてくれたとすら思ってます。

偉そうなことを言うようですが、ICOはそのくらいのスタンスでいかないと…と真剣に私は思っています。

WCXはもうダメなのか?

まだまだこれについてはハッキリしません。
期待は薄いとは思いますが、その後事業を継続していく意思がなかったとしても、集めた大金でなんとか取引所を作ったり、どこかに上場したりして最低限の責任は果たしてくれる可能性もあります。
全体としては詐欺だったとしても形には一応なるケースもあります。(購入された方は待つしかないですねTT)

ただWCXを購入された方は今後は妄信してICOに資金を注ぎ込むことは控えましょう。
もちろん余剰資金がある方で、当たればいいな~くらいで少量ぶっこむというのであれば構いませんが。

怪しいポイント、良さそうなポイント…それぞれを差し引いた上で投資をするか否か、および投資する額を理性的に決めましょう。
私なんかはWOWOO(WOWbit)は結構な額を投資しましたが、1万円だけ入れてみようという案件もたくさんあります。
もちろん、AIZENコインのように、個人的には怪しいと思うポイントが多いものは、人気があってもあまり…。

当然、将来的にこれらがどうなるかは分かりません。

タキシード仮想
アチャー、AIZENに入れておけばよかった~ってなることもあるかもしれません。

ただここで大切なのは、「怪しいポイントも踏まえた上で、理性的に判断を下す」ようにすることです。
つい大金をイメージして理性を飛ばしがちになってしまいますが、私たちは戒めることも学ばなくてはいけませんよね。