こんにちは、タキシード仮想(tuxedo_kasou)です^^

結論から言えば人気があるからって、そのICOが成功するとは限りません。
WCXもかなり日本で話題になりましたけど、どうやら怪しい雲行きです。

詐欺なのかやる気がないのか…いずれにしてもICOでトークンを購入された方は気が気でないでしょう涙

WOWOOは僅か12分で売り切れ、NOAHcoinは…

ただ、とは言っても注目ICOのトークンを購入できないのは辛いものです。

最近では…

1月半ば頃に上場前最後の日本人もなんとか買えるセールがあった「WOWOO(ワウー)」の「WOWbit」。
キングオブコインこと泉忠司さんが怪しいプロモ全開で煽っていた「NOAHcoin」。
ベトナムにおける送金や売買をカンタンにしようという「EZpos」。

これらは即刻売り切れてしまいましたよね?笑

タキシード仮想
WOWOOについてはどうやったら買えるのか数多く問い合わせももらいました。NOAHcoinについても、取引所の口座をまだ開設していないにも関わらずどうしても欲しいという友人の代わりに私が代理で送金したこともありました笑

NOAHcoinの最終セールについては、120億円分がたった3分で売り切れてしまったというのですから驚きです

美太郎
人間の欲望は尽きないにゃん笑 

人気ICOを逃したらココに注目!

さてさて、前置きが長すぎましたが。。。
どうしてもそのトークンを購入したいという場合…こんなタイミングを狙ってみてはいかがでしょうか?

例えば、昨年2017年において8番目に資金調達額の多かったSONM(サン)というICO。

上場後こんな動き方をしました。

ちょっと分かりやすいので、SONMを例に挙げました。
あくまで“傾向として”という話になりますが、上場後まもなくはトークンの価値は乱高下することがあります。

短期的な利益を狙って上場後まもなくの通貨を購入する方は、値が上がったと思ったら、当然それらを一気に売却します。
ですから、こんなチャートになっている銘柄ってかなり多くあります。

2017年の人気ICOを振り返れば、調達額7位のmobileGOも、上場後まもなく2倍、3倍といった値がつきましたが、その後しばらくして急激に値が落ちました。

上場1ヵ月後にはSONMとともにICO時の価格を割ってしまったタイミングもありました

上場後急速に上がって、その後急速に値が落ちる。

あくまで“傾向”ですが、そういう通貨は確かにあります。

あれだけ人気があってたくさんの資金を集めたICOであっても、このように上場後にICO時価格を割るようなこともありえます。
ですから、本当にその通貨に期待しているのであれば、チャートを追いかけてこちらのタイミングでの購入を狙うのもアリだと思います。

結果論ですが、SONMにしてもmobileGOにしてみても、仮に赤丸の箇所で購入できていれば十分に利益を得るチャンスがあったといえます。

むしろICOで購入するよりも…

本当にその通貨が欲しいならICOで購入ができなかったとしても諦めるのはまだ早いというのは上記でご理解いただけたと思います。

また、「上場する上場する」といって結局しないICOなんていくらでもありますから

・しっかり上場したのを確認した上で
・上場後まもなくの乱高下も見届けた上で
・時にはICO時より安い価格で購入する(そうでなくても安値で購入する)

ほうが余程安全で賢い選択かもしれません。

人気があったWOWOOもNOAHcoinもEZPOSも上場後どうなるかはわかりませんけど、もしかしたらまだまだ大きな利益を得るチャンスがあるということは頭の片隅にいれておくべきでしょう^^